虐待防止・権利擁護

IMG_0649平成28年度法人研修の様子

法人職員の虐待防止に関する意識及び資質の向上と、権利侵害が行われていないかの検査のため、エンジョイ・パートナーほっとでは虐待防止・権利擁護委員会を組織して、取り組んでいます。昨年度は「なぜ虐待は起きるのか」をテーマに法人研修を実施しました。不適切な対応が虐待の芽につながることを学び、個人や事業所として虐待防止のためになにができるかについて意見交換をすることで、職員の資質向上を図りました。
委員会では、年1回の法人全体研修の計画、実施や職員の意識調査のためのアンケートの実施、虐待防止マニュアルの改訂の他、虐待防止担当者会議の実施を行っています。
今後も虐待防止・権利擁護委員会と各事業所責任者との連携を強化し、定期的に虐待防止に関するセルフチェック指導を各事業所職員に行い、職員の意識や資質の一層の向上を図って参ります。

虐待防止・権利擁護委員会委員長 荒木久美